無料セミナー「いまからでも間に合うマイナンバー実務対策」(12月5日、18日)

ご好評につき、12月も追加セミナー開催決定!
11月10日以降、内容を更に充実して、マイナンバーの管理上のリスクの所在の説明を加えました。
リスクの所在を明確にすることで、リスクの回避のために事業者が何をすればいいか、徹底解説します。
マイナンバー対策は、全ての事業者が必要です。
来年2016年1月からは行政機関等に提出する書類に順次個人番号・法人番号を記載する必要がありますが、実際に個人番号の取り扱いを始める前に、個人番号の取得や本人確認、規程等の整備をしておく必要があります。
マイナンバー対策の情報が世の中に溢れているものの、本当にやらなくてはならないことは何なのか、またランニングコストまで考えた時に、最小のコストと手間でリスクを最小にする対策はどうすれば良いのかについての情報がないのが現状です。
そこで、皆様の要望にお応えし、下記の要領でで少人数(定員:10名)の「マイナンバー実務担当者向け無料セミナー」を追加開催することといたしました。
下記内容について、1時間30分ご説明すると共に、その後30分質疑応答の時間を取ります。少人数でのセミナーですので、気楽に何なりとご質問下さい。

【日時】
平成27年12月5日 (土) 15時~17時 (開始時間にご注意下さい。)
平成27年12月18日(金) 15時~17時 
*当事務所の都合で中止とさせて頂きます。個別にご相談をお受けいたしますので、何なりとご相談下さい。
場所:国分寺市泉町3-37-31 サンエフビル4階
社会保険労務士事務所 KKパートナーズの会議室 (西国分寺南口徒歩1分)
具体的な地図は、こちらをご覧下さい。

内容:「いまからでも間に合うマイナンバー実務対策」
1.マイナンバー法の罰則はなぜ厳しいのか
2.役職員に周知徹底しなければならないマイナンバー法の内容
3.事業者が本当に構築しなければならない安全管理措置のポイント
4.マイナンバー対策のスケジュール
5.マイナンバーの情報漏えいリスクとは
6.手間をかけず管理コストを最小にするマイナンバー対策とは

講師:特定社会保険労務士 輿水 香(こしみず かおる)