「通知カード」の送付内容が明らかになりました‼(個人番号カード総合サイト)

個人番号カード総合サイトに、通知カードの送付時期や送付内容が掲載されました。

1.通知カードとは

通知カードとは住民のひとりひとりに個人番号を通知するものです。

券面イメージ

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。お届けは平成27年10月から始まり、みなさまの住民票の住所に簡易書留(世帯主宛)で届きます。今のお住まいと住民票の住所が異なる方は、お住まいの市区町村に住民票の異動をお願いします。

※ 通知カードは転送されませんのでご注意ください。

概ね平成27年11月末頃までにお届け出来るよう取り組んでいます。
郵便局へのお住まいの市区町村ごとの差出し状況は次のとおりです。

差出日から概ね20日程度までにお届け出来る見込みです。

※通知カードは世帯主宛に簡易書留で届きますが、ご不在の場合は郵送物等ご不在連絡票が入りますので郵便局での保管期限内に、ご不在連絡票に基づき再配達等のお手続をお願いします。

マイナンバー通知カードの再配達の申し込み、ご利用方法はこちらをご覧下さい。

3.送付物の内容

・通知カード(世帯人数分)
お住まいの方お一人お一人の個人番号をお知らせするカードです。

交付申請書

・個人番号カード交付申請書(世帯人数分)
公的な身分証明書となる、個人番号カードの交付を申請するための書類です。
申請は、スマートフォンやパソコンからのオンライン申請も可能です。個人番号カード交付申請についてはこちら

音声コード及び申請書ID控

・音声コード及び申請書ID控
通知カードに関する説明をデータ化した視覚障がい者音声コードと交付申請書の申請書IDの控です。
切り離して、個人番号カードが交付されるまで保管してください。

※ 音声コード(Uni-Voice)の読み取りについて
2次元バーコード「音声コード(Uni-Voice)」を音声コード対応の携帯電話、音声コードに対応したアプリケーションをインストールしたスマートフォンで読み込むことで音声コード内に収められた情報を音声で読み上げることができます。

【音声コード読取内容】
あなたのお住まいの市区町村から、あなたの12桁の個人番号(マイナンバー)を記載した通知カードと、個人番号カード交付申請書を送付します。
あなたの個人番号は、○○○○○○○○○○○○です。
平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、個人番号の記載・確認を求められることとなります。
通知カードは、個人番号を証明するための手段となりますので、大切に保管してください。
また、個人番号カードは、個人番号の証明に加えて、多様なメリットがあり、当面無料でもありますので、ぜひ交付申請してください。
詳細につきましては、個人番号カードコールセンター0570-783-578までお問い合わせください。

送付用封筒

・個人番号カード交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)
記入いただいた交付申請書を郵送いただくための封筒です。
切手の貼付は不要です。
※差出有効期間は平成29年10月4日まで送付用封筒の裏面のご確認点をチェック頂き、住所・氏名を記載の上、ご送付ください。【ご確認点】

  • 適切な顔写真を貼りましたか?
  • 申請日、申請者氏名(自署)等の記入漏れはありませんか?
  • 通知カードと音声コード及び申請書ID控は切り離しましたか?
  • 個人番号カード交付申請書以外のものを同封していませんか?

送付先:
〒219-8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛

※ 同封の送付用封筒と別の封筒でご送付の方は、上記送付先までお送りください。
なお、封筒及び送料につきましては送付者のご負担となります。

 

ご案内

・ご案内(1通につき1部)
マイナンバー及び交付申請についてご案内している冊子です。

マイナンバー実務担当者向けの無料少人数セミナー(11月5日、10日、20日)を開催します。詳細は、こちらをご覧ください。

いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

maina