ソフトウェア開発業者の方へ(マイナポータルAPI提供)

内閣府は、ソフトウェア開発業者の方へ(マイナポータルAPI提供を発表しました。

1 仕様公開
(1) 仕様公開の目的
マイナポータル(以下「本システム」という。)は、政府(内閣府大臣官房番号制度担当室)が運営するオンラインサービスであり、システム利用者である国民が、行政機関などが保有する自らの個人の情報を確認することができるほか、行政機関からのお知らせを確認したり、民間送達サービスにメッセージを届いたことが確認できるサービスです。
本システムと民間のシステムが連携することにより、全体としてシステム利用者の利便性が向上できるよう設計しています。
必要な仕様をソフトウェア開発者向けに一般公開し、民間のソフトウェアと連携して民間のシステムからの電子申請をマイナポータルで受け付けたり、システム利用者が行政機関から入手した自らの個人情報を民間のシステムに提供することを可能にすることにより、システム利用者において使い勝手の良い製品やシステムの提供が期待されます。
(2) 仕様公開に当たっての注意事項
内容の変更
公開内容は、今後の検討(法制面を含みます。)や技術動向などにより、変更される場合があります。
著作権
公開する仕様書の内容は著作権の対象となっています。著作権は、日本国著作権法及び国際条約により保護されています。
ただし、このことは、ソフトウェア開発者が当該仕様書の内容に基づいた供給者ソフトウェアを開発し、市場に供給することを妨げるものではありません。
免責事項
公開する仕様書の内容の正確性については万全を期していますが、内閣府大臣官房番号制度担当室は、当該仕様書に含まれる情報の利用に伴って発生した不利益や問題について、誰に対しても何ら責任を負うものではありません。
提供を行わない場合
提供の依頼があったものが暴力団、暴力団関係者、暴力団関係企業、総会屋又はこれらに準ずる団体(反社会的勢力)に該当すると認められた場合や、その他、内閣府大臣官房番号制度担当室にて不適当と認めた場合には、仕様の提供は行いません。
>メニューへ戻る
2 仕様
(1) 仕様書
現在公開している仕様書は、2(3)「仕様書一覧」のとおりです。
なお、新規又は大規模な修正等を行う場合には、ドラフト版の公開を行います。
仕様書は所定のデータ(Word、Excel等)で提供します。
仕様書は、「1(2)仕様公開に当たっての注意事項」を確認の上、提供申込みを行ってください。
なお、提供申込みされた方は、「1(2)仕様公開に当たっての注意事項」に同意したものとみなします。
(2) 更新履歴
仕様の内容に関して、修正等が発生した場合は、下記に更新履歴を掲載します。更新情報の提供を別途申込みの上、対応ください。
(2020/1/31)申請API 1.1 ドラフト版を申請API 1.1版に更新
(2019/12/26)民間送達接続API 1.0 ドラフト版を追加
(2019/11/8)申請API 1.1 ドラフト版を追加
(2019/11/5)自己情報取得APIを追加
(2019/10/15)申請API 1.0 ドラフト版を申請API 1.0版に更新
(2019/7/18)申請API 1.0 ドラフト版を追加
(2018/9/18)就労証明書様式取得を追加

詳細は、こちらをご覧ください。