インターネット等におけるマイナンバー(個人番号)の公表に対する注意喚起 (再周知) <個人情報保護委員会>

個人情報保護委員会は、インターネット等におけるマイナンバー(個人番号)の公表に対する注意喚起 (再周知) を行いました。

令和元年8月2日
個人情報保護委員会事務局

当委員会は、インターネット等におけるマイナンバー(個人番号)の公表に対して、従来より、注意喚起を行っておりますが、現在もこのような行為を行 っている場合が見受けられるため、改めて周知いたします。
インターネット等に自らのマイナンバー(個人番号)を公表する行為は、他 人がそのマイナンバー(個人番号)を見ることができる状態に置いていると考えられることから、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利 用等に関する法律」(平成25年法律第27号。以下「番号法」といいます。)第19条の提供制限に違反する可能性があります。
したがって、インターネット等に自らのマイナンバー(個人番号)を掲載し ないようにしてください。
また、これを見た他人が、インターネット等において公表されているマイナ ンバー(個人番号)をプリントアウト等して収集した場合には、番号法第20条の収集制限に違反する可能性がありますのでご留意ください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

お問い合わせはこちらから