ウェブアクセシビリティ方針(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、ウェブアクセシビリティ方針を発表しました。

個人情報保護委員会のウェブサイトは、高齢者や障害者を含む誰もが利用できるものとなるよう、日本工業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」(以下「JIS X 8341-3:2016」という。)のウェブコンテンツのアクセシビリティ(以下、「ウェブアクセシビリティ」という。)の確保の向上に、以下のとおり取り組んでいます。

対象範囲

個人情報保護委員会サイト(https://www.ppc.go.jp/)全体

目標とする適合レベルと対応度

JIS X 8341-3:2016のウェブアクセシビリティ達成等級AAに適合することを目標として取り組んでまいりましたが、下に記載したとおり、平成30年度に実施した調査において、達成できていない点があることを把握しております。
速やかに、目標の達成を目指して、引き続き取り組んでまいります。

例外事項

以下は修正対応が困難であるため、目標の対象外とします。

  • 修正用データが無い(修正できない)コンテンツまたはウェブページ、画像、および動画等
  • 外部から提供されたコンテンツまたはウェブページ、画像、および動画等
  • PDF(Portable Document Format)ファイル、表計算ソフトウェアで作成したデータファイル(例:Microsoft Excel)及び文書作成ソフトで作成したデータファイル(例:Microsoft Word)等は準拠に努め、問い合わせに応じ、電話等で内容を説明するよう努める
  • その他、運用において修正が困難であるもの

ウェブアクセシビリティ検証結果

ウェブアクセシビリティ検証結果(平成31年3月23日~3月28日)

現時点で把握している問題点とその対応方針

平成30年度に実施した調査の結果、当委員会ウェブサイトに、主に以下の問題があることを確認しています。
アクセシビリティ方針策定後に作成するページについては、JISに基づいた対応を行うとともに、既に公開されているページについても順次修正に取り組みます。

  • 収録済の音声コンテンツに対して、同等のキャプションが提供されていない(レベルA:1.2.2)
  • 収録済の映像コンテンツに対して、代替コンテンツが提供されていない(レベルA:1.2.3)
  • 収録済の映像コンテンツに対して、音声解説が提供されていない(レベルAA:1.2.5)

また、今後も継続して定期的な検証、職員研修の実施等の取り組みを行い、当委員会ウェブサイトのウェブアクセシビリティの維持・向上に努めます。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

お問い合わせはこちらから