医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るため の健康保険法等の一部を改正する法律案(仮称) について(厚生労働省)

厚生労働省は、医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るため の健康保険法等の一部を改正する法律案(仮称) について
発表し、マイナンバーカードを保険証とする法律の改正案が国会に提出されました。

(厚生労働大臣の会見の内容)
医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案についてであります。本日、医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案を閣議決定しましたので、ご報告します。本法案は、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるオンライン資格確認の導入・支援による利便性の向上や、医療・介護情報の連結解析や提供に関する仕組みの創設による研究開発の発展など、今後の医療保険の情報化、効率化、合理化に大きく一歩を踏み出すものと考えています。

詳細は、こちらをご覧ください。

★個人情報保護法・マイナンバー制度運用のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。