中小企業のための 個人データ取扱要領(例)について(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「中小企業のための 個人データ取扱要領(例)について」発表しました。

1.はじめに
この資料は、個人情報保護法第20条に定められている安全管理措置として、個人情報保護法ガイドライン(通則編)において個 人データを安全に取扱うルール作りが求められているところ、 主に中小企業の皆様が個人情報の取扱いに関するルールを作成する際の参考として示すものです。

2.留意事項
会社の規模、業種、組織体制、個人情報の種類等によって、行うべき安全対策は異なりますので、当該資料は、ガイドライン 等で求められる安全管理措置の各項目を網羅しつつ、考えられる基本的な内容を記載した資料となっています。 したがって、皆様の業務の実態に合わせて適宜修正した上で、 必要に応じてより具体化した下位規程を策定するなどして利用してください。

資料一覧及び補足説明 (PDF:125KB)

個人データ取扱要領(例) (WORD:27KB)

(別紙 1)緊急時対策基準(例) (WORD:34KB)

(別紙 2-1)業務マニュアル(例) (WORD:35KB)

(別紙 2-2)業務マニュアル(例) 作成方法 (PDF:139KB)

★個人情報保護法・マイナンバー制度運用のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。