フェイスブック利用者のアカウント情報に対する不正アクセスについて(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「フェイスブック利用者のアカウント情報に対する不正アクセスについて」発表しました。

平成30年9月末、フェイスブックのシステムの脆弱性を利用し、攻撃者がアクセストークンの情報を入手の上、約2,900万人分のアカウント情報に不正にアクセスしたことが判明した旨、フェイスブック社より公表されています。

フェイスブック社では、フェイスブック利用者の皆様のアカウントが影響を受けたかどうか確認できるウェブページを公開(フェイスブック ヘルプセンター内の検索画面で、「Facebookの最新のセキュリティ問題に関する重要なアップデート」を検索)しておりますので、フェイスブック利用者の皆様におかれましては、当該ページを確認の上、適切な対応を行ってください。

個人情報保護委員会では、フェイスブック社に対する事実関係の確認等を行っているところであり、引き続き個人情報保護法に基づき適切に対処していきます。

★個人情報保護法・マイナンバー制度運用のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。