(平成30年度)「住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間満了のお知らせ及びマイナンバーカード交付申請のご案内」はがきの送付について(地方公共団体情報システム機構)

地方公共団体情報システム機構は、(平成30年度)「住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間満了のお知らせ及びマイナンバーカード交付申請のご案内」はがきの送付について発表しました。

平成30年7月19日付けで、「住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間満了のお知らせ及びマイナンバーカード交付申請のご案内」はがき(下図参照)を発送いたしました。

※1 このはがきは、平成30年4月1日から平成30年12月22日までの間に、住民基本台帳カード(住基カード)の署名用電子証明書の有効期間が満了となる方を対象に送付しております。

※2 住基カードの有効期限と、住基カードに搭載されている署名用電子証明書の有効期限は異なります。
住基カードの有効期限は、券面に記載されている日付となっていますが、住基カードに搭載されている署名用電子証明書の有効期限については、電子証明書が発行されてから3年となっています。
住基カードの署名用電子証明書の有効期限を確認する方法は、次のとおりです。

①JPKI利用者クライアントソフトとICカードリーダライタを使って、ご自身のパソコンから確認する。
②住基カードをお住まいの市区町村窓口までお持ちの上、確認する。

※3 既に交付申請済みや交付済みでしたら、行き違いですのでご容赦ください。

地方公共団体情報システム機構 個人番号センター 公的個人認証部

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。