【必見】WARNING ~ウェブサイトを運営している事業者の皆様への注意喚起~(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、ウェブサイトを運営している事業者向けに、標的型サイバー攻撃による個人情報漏洩を減らすべく、どのようなセキュリティ管理が必要か、分かり易い資料を発表しました。
ECサイト等を運営している事業主の方は、必見です。

(はじめに)
当委員会において報告を受けた不正アクセスに起因する漏えい等事案の中でも、ECサイト※や会員用ウェブサイトにおける 情報漏えい事案が多く報告されています。ECサイトはクレジットカード情報を含む個人データを盗むことを、会員用ウェブサイ トはポイントの不正利用や個人データを盗むことを目的として、攻撃の対象になりやすい傾向にあります。 こうした不正アクセスは、企業規模の大小や業種に関係なく、様々なECサイトや会員用ウェブサイトなどに対して仕掛けられ ています。そのため、ウェブサイトを運営する事業者は、こうした脅威を認識し、不正アクセスによる情報漏えいを防ぐために 適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。
※ ECサイトとは、インターネット上で商品を販売するウェブサイト、いわゆるインターネットショップのこと。

詳細はこちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。