住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令(案)等に対する意見募集(総務省)

総務省は、「住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令(案)等に対する意見募集」を発表しました。

総務省は、住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令(案)及び住民基本台帳法施行規則等の一部を改正する省令(案)をとりまとめました。
つきましては、これらの案について、平成30年5月10日(木)から平成30年6月8日(金)までの間、意見を募集します。

1 背景

 住民票、個人番号カード及び署名用電子証明書等への旧氏の記載等に関する事項を定めるため、住民基本台帳法施行令(昭和42年政令第292号)等の関係政省令について所要の改正を行うものです。

2 意見募集の対象及び意見公募要領

 意見募集対象:別紙1PDF「住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令(案)等の概要」
詳細については、別紙2PDFの意見募集要領をご覧ください。

3 意見募集の期限

 平成30年6月8日(金)(必着)(郵送については、締切日の消印まで有効とします。)

4 今後の予定

 皆様からお寄せいただいた御意見を踏まえ、関係政省令の改正を行う予定です。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。