【必見】フェイスブックにおける個人情報の流出について(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「フェイスブックにおける個人情報の流出について」今後の対応方針を発表しました。
フェイスブックを利用されている方は、今後の動向にご留意ください。

フェイスブックの利用者のデータが「thisisyourdigitallife」というアプリを介して、不正に(英国の分析会社である)ケンブリッジアナリティカ社に共有された旨、フェイスブック社によって公表されています。
フェイスブック社は、日本国内で当該アプリをインストールした人の数は104人、影響を受けた可能性のある友人の数は最大100,948人としており、個人情報保護委員会は現在、この問題について調査中です。
個人情報保護委員会では、これまで、フェイスブック社に対して事実確認を行うとともに、諸外国の規制当局とも連携し、情報の収集等を進めており、今後とも個人情報保護法に基づいて適切に対処していきます。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。