マイナンバーカード取得促進のための先進事例集-その3-(総務省)

総務省は、マイナンバーカード取得促進のための先進事例集(その3)を発表しました。
【趣旨】
マイナンバーカードについては、国において幅広い世代・対象に向けた周知・広報を展開していくこと等を踏まえ、各地方公共団体においても、周知・広報及び申請補助等を幅広く展開するキャンペーンの実施及びマイナンバーカードの利活用の推進について積極的な取組を依頼したところです。
特に、年度末・年度初めは住所変更の届出のため通知カードを持参する住民の方々の来庁機会も多いことから、この機会を捉え、住民にも職員にも利便性の高い申請時来庁方式(申請時に市町村が指定する場所に来所させ本人確認を行い、交付時には来庁等することなく、本人が確実に受け取れる方法でカードの交付を行う方式)を活用した、他の参考となる事例を取りまとめましたので公表いたします。
なお、平成30年3月1日時点における市区町村のマイナンバーカード交付枚数等についてもあわせて公表いたします。
【資料】

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。