マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更について(日本年金機構)

日本年金機構は、「マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更について」下記内容を発表しました。

マイナンバーによる届出・申請について

平成30年3月5日からマイナンバー(個人番号)による届出・申請を開始します。これまで基礎年金番号を記載して届け出ていただいていた届書にはマイナンバーを記載して届け出ていただくことになります。
また、マイナンバーを利用して住所変更届、氏名変更届等の届出は省略となります。
年金の事務でのマイナンバーの利用の詳細についてはこちらからご確認ください。

平成30年3月からの様式変更について

平成30年3月5日から年金の手続きで使用していただく様式が変更となります。
変更の内容は、マイナンバー欄の追加のほか、様式のA4縦判化、複数の様式の統合(被扶養者(異動)届と国民年金第3号被保険者関係届など)などとなります。
変更となる様式の種類や内容などについてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 2,783KB)からご確認ください。

概要資料

平成30年3月からの事務の変更にかかる概要についての資料はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 2,936KB)

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。