法人番号公表サイトの常時暗号化対応について(国税庁)

国税庁は、「法人番号公表サイトの常時暗号化対応について」について、下記内容を発表しました。

国税庁法人番号公表サイト(以下「公表サイト」という。)では、セキュリティ強化を目的として、平成30年4月1日(日)から、常時暗号化通信「TLS1.2」に対応することを予定しております。

対応(予定)年月日 平成30年4月1日(日)
対応後のURL https://www.houjin-bangou.nta.go.jp

※ 本対応以降も、「現行のURL(http://www.houjin-bangou.nta.go.jp)」で接続された場合でも閲覧することは可能です。

ただし、ご利用のブラウザに政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)の自己証明書(以下「ルート証明書」という。)がインストールされていない場合、平成30年4月1日(日)以降、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」などの警告が表示される場合があります。

ご利用のブラウザにルート証明書がインストールされていない場合は、以下のリンク先からルート証明書のインストールをお願いいたします。

ご利用のブラウザにルート証明書がインストールされているか確認したい場合は、以下のリンク先を参考にご確認ください。

ルート証明書の確認方法について

また、「TLS1.2」に対応していない端末又は、「TLS1.2」を有効に設定していない端末等から公表サイトに接続された場合、閲覧ができない可能性があります。

ご利用端末等の「TLS1.2」対応及び設定などのお問い合わせは、各端末メーカーまでお願いいたします。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合うマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。