万が一、マイナンバーが漏えいしてしまった場合には…(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「万が一、マイナンバーが漏えいしてしまった場合には…」のハンフレットを発表しました。

1.事業者において講ずることが望まれる措置
(1) 事業者内部における責任者への報告、被害の拡大防止
(2) 事実関係の調査、原因の究明
(3) 影響範囲の特定
(4) 再発防止策の検討・実施
(5) 影響を受ける可能性のある本人への連絡等
(6) 事実関係、再発防止策等の公表
※ マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められるときは、マイナンバーの変更をお 住いの市区町村に請求できることを本人に説明してください。

2.個人情報保護委員会等への報告
① 個人情報保護委員会に報告する場合
個人情報保護委員会ウェブサイトに掲載している様式に事実関係や再発防止策等を記載し、速 やかに個人情報保護委員会に郵送で報告するよう努めてください。
※ 影響を受ける可能性のある本人全てに連絡した場合、実質的に外部に漏えいしていないと判断される場 合等の個人情報保護委員会への報告不要の要件を全て満たす場合には、個人情報保護委員会への報告は 不要です。
② 個人情報保護委員会以外に報告する場合
「事業者における特定個人情報の漏えい事案等が発生した場合の対応について」に従って、該 当する報告先(認定個人情報保護団体、所管官庁等)に報告してください。 (報告先から個人情報保護委員会に報告されますので、①の報告は不要です。)

詳しくは個人情報保護委員会ウェブサイトをご覧ください。

万が一、マイナンバーが漏えいしてしまった場合には…
特定個人情報の安全の確保に係る「重大な事態」が生じたときに、個人情報保護委員 会に報告することが法令上の義務となっています。次の事態に該当する事案又はその おそれのある事案が発覚した場合には、直ちに個人情報保護委員会にFAXで第一報をお 願いします。

「重大な事態」とは…
1.漏えい・滅失・毀損又はマイナンバー法に反して利用・提供された特定個人情報に係る本人の数が100人を超える事態 2.特定個人情報ファイルに記録された特定個人情報を電磁的方法により不特定多数の者が閲覧することができる状態となり、かつ、その特定個人情報が閲覧された事態
3.不正の目的をもって、特定個人情報ファイルに記録された特定個人情報を利用し、又は提供した者がいる 事態等
マイナンバーに関するお問い合わせは マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178 へ
※ 平日9時30分~22時 土日祝日9時30分~17時30分(年末年始を除く)
※ 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、 050-3816-9405(有料)におかけください。
※ 個人番号カードを紛失された場合のお問い合わせについては、上記マイナンバー総合フリーダイヤルのほか、 個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル) 0570-783-578(有料) でも対応しています。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。