日 EU 間の相互の円滑な個人データ移転について (個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「日 EU 間の相互の円滑な個人データ移転について 」発表しました。

個人情報保護委員会は、昨年来、個人情報保護法を前提として、日 EU 間の相互の円滑な個人データ移転を図る枠組み構築を視野に、欧州委員 会司法総局と累次の対話を重ねてきており、相互の制度に関する理解は 相当程度進んできた。
本年7月3日には、熊澤個人情報保護委員会委員はヨウロバー欧州委 員と会談を実施し、日 EU 間の相互の円滑な個人データ移転を図る枠組み 構築の具体的方策等について確認したところである。
この会談を踏まえ、個人情報保護委員会としては、今後、欧州委員会の 日本に対する十分性認定に係る作業の進捗に併せて、来年前半を目標に 個人情報保護法第24条に基づく EU 加盟国の指定を行う可能性を視野に、 本年6月 16 日に個人情報保護委員会において決定した「個人情報保護法 第 24 条に係る委員会規則の方向性について」に基づき、今後委員会規則 の改正手続を進めていくこととする。
また、EU 加盟国については、EU の個人情報保護制度のみならず、その 制度の遵守態勢、執行態勢並びに相互の理解、連携及び協力の可能性等に ついて確認していく必要があることから、引き続き、情報収集・調査を行 うとともにEU加盟国の各データ保護機関等との対話を引き続き精力的に 行っていくこととする。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。