認定個人情報保護団体の認定等に係る指針を公表しました(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、認定個人情報保護団体の認定等に係る指針を公表しました。
また、同時に認定個人情報保護団体の認定等に関する指針(案)に関する意見募集結果を公示しましたので、併せて、ご覧頂ければと思います。

個人情報保護法は、事業分野や営利性の有無等を問わずに、個人情報を取り扱う全ての民間事業者に適用される法律であるため、汎用的な規律のみを規定しています。そのため、取り扱う個人情報の性質、利用方法、取扱いの実態等の業界や事業分野の特性に応じた個人情報の適切な取扱いが確保されるためには、民間において自主的な取組が行われることが望ましいことから、政府として、そのような取組を支援する制度として、「認定個人情報保護団体」の制度が設けられました。
また、「認定個人情報保護団体」は、対象事業者の個人情報等の取扱いに関する苦情の処理などの業務を行うほか、個人情報保護指針を作成し、公表するよう努めることが求められています。現在、全国警備業協会、一般社団法人生命保険協会、一般社団法人ビジネスコンプライアンスなど、いくつかの団体が、認定個人情報保護団体となっています。
詳細は、下記をご覧ください。

認定個人情報保護団体の認定等に係る指針 ⇒ こちら

認定個人情報保護団体の認定等に関する指針(案)に関する意見募集結果 ⇒ こちら

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。