マイナンバー制度の広報<3月版>(内閣府)

内閣府は、マイナンバー制度の広報<3月版>を発表しました。

1.よくあるご質問(2月度)
・自分のマイナンバーを確認するにはどうしたらいいですか?
・確定申告書を本人以外が税務署に持っていく場合に必要な本人確認書類は何ですか。
・法人番号指定通知書が届いたのですが紛失しました。再発行してもらうことはできませんか。
・不動産の借主(法人)から大家(オーナー、貸主)に対し番号を求められることはありますか。
・金融機関や保険会社にマイナンバーの提供を求められることはありますか。
・企業が提供された個人番号を使って個人の情報(副業の有無や障碍、医療給付の受給状況など)を調べることはできますか。

2.センターに寄せられた主なご意見(2月度)
・マイナポータルの利用開始時にエラーが表示される場合はエラーの原因を細かく表示すると接続 できない理由が分かり易くなると思う。
・マイナポータルに関する広報をもっと増やして欲しい。
・確定申告時にマイナンバーが必要なことはポスター等の広報で認識していたが、何が必要なのか といった広報も併せて行った方が良いと思う。
・マイナンバーカードは自分で選んだ写りの良い写真で身分証明書が作成でき作って良かった。

詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。