中小企業サポートページ⑤(個人情報保護法委員会)

個人情報保護委員会は、バリックコメントを募集後、関係資料として4つのガイドラインを発表しました。
(趣旨)
平成29年5月30日の改正個人情報保護法の全面施行により、中小企業をはじめとするすべての事業者が個人情報保護法の適用対象となります。これまでは保有する個人情報の数が5,000以下の事業者は法の適用除外とされていました。しかし、今後は改正個人情報保護法に基づき、個人情報を適切に取り扱う必要があります。

関係資料
1.個人情報保護に関する法律についてのガイドライン(通則編) ⇒ こちら
2.個人情報保護に関する法律についてのガイドライン(外国にある第三者への提供編) ⇒ こちら
3.個人情報保護に関する法律についてのガイドライン(第三者提供時の確認・記録義務編) ⇒ こちら
4.個人情報保護に関する法律についてのガイドライン(匿名加工情報編) ⇒ こちら

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、新設法人はもちろん、既に対応済の事業者を対象に「マイナンバー対策等無料相談会」を行っております。平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法は、全ての事業者に適用になります。個人情報保護法対策はできていますか?どんなことで結構ですのでご相談下さい。「マイナンバー対策等無料相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。