マイナンバーカードで消費税増税分の還付を財務省が検討

2017年4月に消費税を現在の8%から10%に引き上げることを前提に、お酒を除く食料品に軽減税率を適用すべく、マイナンバーカードを使った仕組みを財務省が検討しているようです。具体的には、お酒を除く食料品の購入時にマイナンバーカードを提示し、ICチップに購入履歴を記録し、その記録により、軽減税率分の消費税を後で還付する仕組みを考えているそうです。
もし、本件が実現すれば、一気にマイナンバーカードの普及が進むことは間違いないでしょう。

中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらからご相談下さい。