(株)イプサに対して個人情報保護法に基づく報告徴収を要請しました (経済産業省)

経済産業省は本日、(株)イプサ(法人番号:2010401003193)に対し、本日同社か ら発表の顧客情報の漏えいについて、個人情報保護法に基づく報告徴収の要請 を行いました。

1.報告事項 本件に関する詳細な事実関係、発覚前に講じてきた安全管理措置、発覚以降の対 応措置及び現在の安全管理の状況、今後の再発防止策について、2 週間後の 16 日(金曜日)までに書面で報告をするよう要請しました。

2.個人情報保護法に基づく措置 個人情報保護法においては、主務大臣の権限として下記のように規定しています。

○主務大臣は、事業者に対する報告徴収ができる(第 32 条)

詳細は、こちらをご覧ください。

株式会社イプサのHPで、個人情報漏洩事故の詳細とその対応策が開示されています。
詳細は、こちらをご覧ください。

なお、来年春から施行される改正個人情報保護法では、全ての事業者が対象とされ、罰則規定も強化されていますので、注意が必要です。

★当事務所では、マイナンバーの取得・利用・提供・廃棄まで一気通貫で管理するマイナンバーコンサル・コンシェルジュサービスを提供しています。マイナンバーの煩わしい管理を丸投げしたい方は、こちらをご覧下さい。

★当事務所では、これから対策を始められる事業者やマイナンバー対策を実施した事業者を対象に「いまさら聞けないマイナンバー対策無料個別相談会」を行っております。「いまさらこんなこと聞けない」と思わずに、どんなことで結構ですのでご相談下さい。「いまさら聞けないマイナンバー対策無料個別相談会」の詳細はこちらをご覧下さい。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。