個人番号収集について(関東ITソフトウェア健康保険組合)

関東ITソフトウェア健康保険組合は、マイナンバーについて、下記の発表を行いました。
いよいよ、来年からの利用に向け、個人番号の収集が本格化するもとの思います。
(発表内容)
平成28年1月より「社会保障・税(個人番号)制度」が開始され、健康保険事務において、平成29年1月から個人番号の利用を開始し、平成29年7月には地方公共団体や他の医療保険者等と「情報連携」の開始も予定されていることから、健康保険組合は、「個人番号通知後の事務手続きについて(平成27年9月30日保保発0930第8号)」において、健康保険法第197条各項に基づき平成29年1月1日時点での被保険者及び被扶養者(以下、「加入者」という。)の個人番号の収集を求められています。
 当健康保険組合においては、平成28年10月1日から、個人番号の収集を開始いたします。

詳細については、こちらをご覧下さい。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」9月27日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。「マイナンバー対策無料診断」の詳細は、こちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。