マイナンバーカード交付計画のとりまとめについて(総務省)

総務省は、「マイナンバーカード交付計画」を発表しました。

(ポイント)
○ 本年5月31日に「マイナンバーカード交付促進マニュアル」を公表し、全市区町村に対しマイナンバーカード交付計画の策定を要請したところ、全市区町村で策定。
○ 9割強の市区町村において本年8月までに、全市区町村において遅くとも本年11月までに、滞留が解消する見込みの計画となっている。
・ 5月末時点で既に滞留が解消している市区町村は240団体
⇒ 8月末には1,665団体となる見込み。(全市区町村に占める割合は95.6%)
・ 5月末時点での申請に対する交付通知書の送付率は70.5%
⇒ 8月末には94.5%となる見込み。
○ 今後、滞留の解消見込みが遅い(概ね9月以降)市区町村に対しては、マイナンバーカード交付促進支援チームにおいて、個別に事情をお伺いし、必要な支援を実施。
○ 各市区町村ごとの交付通知書発送完了目標見込みについては、6月17日(金)に全市区町村一覧、都道府県別の形で総務省HPにて公表。市区町村にも公表を要請。

詳細は、こちらをご覧下さい。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」6月23日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細は、こちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。