マイナンバーを活用しスマホで本人確認(日経新聞)

日経新聞朝刊の1面に、政府は携帯電話会社と連携し、スマートフォーン(スマホ)
使った本人確認システムを作る旨発表した。スマホにマイナンバーカード情報をダウンロードし、読み取り機にかざすと本人確認ができるようにする。クレジット決済や病院での国民健康保険などの本人確認を見込む。2018年度に関連法を改正し、19年度から実用化を目指す。総務省は今夏にも実証実験を開始する。
政府は、まず買い物でのクレジットカードの認証機能をマイナンバーカードに集約しマスホにダウンロードすれば、読み取り機を導入している店でクレジット決済を使えることを想定している。何枚ものカードを持ち歩く必要がなくなり、紛失時には、スマホ通信を止めればカード会社への停止連絡もしなくて済む。同様に、マイナンバーカードで把握できる国民健康保険の個人情報について、スマホがあれば病院で確認できるようになる。

将来的には、マイナンバーカードを持ち歩くことなく、色々なサービスがスマホを使ってできるようになり、利便性がアップしそうです。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」5月24日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細は、こちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。