「通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)の身分証明書としての取扱い」を掲載しました。(内閣官房)

内閣官房は、「通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)の身分証明書としての取扱い」を掲載しました。
具体的な内容は、マイナンバーカード(個人番号カード)は、身分証明書として使用できますが、通知カードは、身分証明書として使用できないこと及び個人番号カードを身分証明書として使用する場合でも、裏面のマイナンバー(個人番号)記載面は法令で定められた目的以外にはコピーしてはならないことが掲載されています。

詳細は、こちらをご覧ください。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」を5月24日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細は、こちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。