「マイナンバー対策、都内中小企業の65%が未対応」 (日経新聞)

本日の日経新聞朝刊にマイナンバー対応状況が掲載されていましたのでご案内します。

東京都信用金庫協会がまとめた税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度に関する特別調査で、都内中小企業の65%が同制度に対応できていないことがわかった。
従業員が少なくなるほど未対応の比率が高く、従業員の番号を管理するシステムの構築など、制度の対応に苦慮している実態が明らかになった。
調査は、昨年12月に実施。都内の中小企業9568社を対象とし、9348社から回答を得た。

「十分に対応できている」  ・・・4.4%
「対応できている」     ・・・30.4%

「あまり対応できていない」 ・・・48.2%
「全く対応できていない」  ・・・16.8%

従業員数別にみると1~4名の企業では、「対応できていない」が74.2%を占めた。

上記の通り、中小規模事業者では、マイナンバー対応が進んでいない現状が浮き彫りとなっています。
中小規模事業者は、システム対応は、原則不要です。
是非、お金や手間をかけずにマイナンバー対策をしましょう!
       ↓
★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」を2月16日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細はこちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。