個人番号カードの交付申請書の受領時期と市区町村に発送のために郵便局に差し出す時期(地方公共団体情報システム機構)

地方公共団体情報システム機構は、個人番号カードの交付申請書の受領時期と、個人番号カードを発行し市区町村に発送のために郵便局に差し出す時期との対応はおおよそ以下のとおりである旨発表致しました。(申請書に不備があった場合を除きます。)

(具体的な内容)
郵便局に差し出してから、全国の各市区町村に配達されます。
交付時来庁方式の場合は、市区町村において個人番号カードの交付のための作業が完了してから、交付通知書(はがき)が郵送されますので、これを持参して交付通知書に記載の交付場所で受領してください。

また、交付窓口の混雑を緩和するために市区町村によっては、交付通知書の発送を調整する場合もあります。

このため、差し出し時期から個人番号カードを実際に受け取ることができるまでには、お時間がかかることにご留意ください。

申請書受領時期 ⇒差し出し時期
・平成27年10月5日~平成27年11月下旬 ⇒ 平成28年1月中旬ごろ
・平成27年11月下旬~平成27年12月上旬 ⇒ 平成28年1月下旬ごろ
・平成27年12月上旬~平成27年12月中旬 ⇒ 平成28年2月上旬ごろ
・平成27年12月中旬~平成27年12月下旬 ⇒ 平成28年2月中旬ごろ
・平成27年12月25日~平成27年12月末 ⇒ 平成28年2月下旬ごろ
・平成28年1月上旬ごろ ⇒ 平成28年3月上旬ごろ

本件は、平成28年1月4日現在の発表です。

本件の詳細及び個人番号カードの申請方法は、こちらをご覧ください。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」を2月16日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細はこちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。