第2回法人番号最新情報

本日も、取り扱いが自由な法人番号について、Q&Aから学ぶ「法人番号最新情報」をご案内致します。

Q5‐4 法人番号指定通知書が届いたが、既に解散しており、現在事業実態がありません。届いた法人番号指定通知書は、どうすればよいのでしょうか。

A%-4.設立登記法人の法人番号は、法務省の登記情報に基づいて通知書の発送などを行っているため、登記の閉鎖手続を行っていない場合には、法人番号指定通知書をお送りしています。
お送りした法人番号指定通知書については、特段返信等の手続は不要ですが、適切に保管していただきますようお願いします。
なお、使用する予定がなければ、破棄していただいても構いません。法人番号は、「国税庁法人番号公表サイト」でも確認できますので、後で使用する機会が発生しましたら、そちらをご活用ください。

Q6 法人番号はどのように公表されるのですか。また、どのような情報が公表されるのでしょうか。

A6.法人番号は、インターネット上の「国税庁法人番号公表サイト」で公表します。
公表される情報は、法人番号の指定を受けた団体の商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地及び法人番号の3項目(基本3情報)です。
また、法人番号の指定を受けた後に、商号や所在地等に変更があった場合には、公表情報を更新するほか、変更履歴も併せて公表することとしています。
なお、番号法では、法人番号の指定を受けた団体のうち、人格のない社団等の公表については、代表者又は管理人の同意を得なければならないとされています。そのため、公表に対して当該同意をした人格のない社団等についてのみ、基本3情報が公表されることになります。

Q6‐1 法人番号等の基本3情報(商号や本店所在地及び法人番号)は、なぜ公表されるのでしょうか。

A6-1法人番号は、個人番号と異なり、自由に流通させることができ、官民を問わず様々な用途で利活用されるものと承知しております。
したがいまして、法人番号保有者を識別するために必要な情報提供手段として、番号法において、法人番号保有者の商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地及び法人番号の3情報を公表する規定が設けられたものと承知しております。
(参考)
人格のない社団等の中には、名称や主たる事務所の所在地について公表を望まないために法人成りしていない団体があることも想定されることから、そのような人格のない社団等の権利を尊重する趣旨で、基本3情報の公表に際してその代表者又は管理人の同意が必要とされているものと承知しています。

Q7 清算の結了等により法人格が消滅した場合、法人番号は抹消されるのでしょうか。

A7.法人番号は、一度指定されますと、自由に流通させることができ、官民を問わず様々な用途で利活用することとされておりますので、法人番号を保有する法人(法人番号保有者)が清算の結了等により消滅したからといって、転々と流通する法人番号が直ちに不要になるものではなく、法人番号に関連付けられた情報(特定法人情報と言います。)の授受が行われる限り利用されるものであることから、抹消されることはなく、同一番号が他の法人に使用されることもありません。

なお、公表を行った法人番号保有者について清算の結了等の事由が生じた場合には、当該事由が生じた旨及び当該事由が生じた年月日を公表事項に加えることとしています。

Q8 国税庁は法人番号の付番機関になるとのことですが、法人番号の指定や通知書の発送及び法人番号等の公表業務は、どの部署で行われるのですか。

A8.法人番号の指定や通知書の発送及び法人番号等の公表業務は、国税庁本庁に新しく設置された専担部署(法人番号管理室)において行います。
〒113-8582
東京都文京区湯島4丁目6番15号 湯島地方合同庁舎
国税庁長官官房企画課 法人番号管理室
各国税局及び税務署では、法人番号の指定、通知、公表に係る業務は行っておりませんので、ご留意ください。

Q9 法人番号公表サイトでは、法人番号等の検索やデータダウンロードが可能になるとのことですが、それらの機能の詳細(仕様)について教えてください。

A9.「法人番号公表サイトで提供する検索・閲覧機能やダウンロード機能の操作方法、情報記録媒体によるデータ提供の依頼方法やWeb-API機能の利用方法に関する詳細(仕様)」については、国税庁ホームページの「社会保障・税番号制度について」の「法人番号について(ご紹介コーナー)」に「法人番号の公表機能に係る仕様」を掲載しておりますので、そちらをご覧ください。
なお、掲載している「法人番号の公表機能に係る仕様」に関するお問い合わせについては、国税庁ホームページの「法人番号の公表機能に係る仕様のお問い合わせ入力画面」を利用していただくか、以下のメールアドレスに直接お問い合わせ願います。
メールアドレス : kokuzei-houjinbangou@nta.go.jp
※ メールアドレスにお問い合わせいただく場合は、会社名(担当部署)、氏名、連絡先電話番号(任意)の記載をお願いします。

ご好評につき、マイナンバー実務担当者向けの無料少人数セミナー(12月5日)を追加で開催します。詳細は、こちらをご覧ください。

いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

maina