「マイナンバー 滞る行政効率化」について(日経新聞)

本日の日経新聞朝刊に「マイナンバー 滞る行政効率化」が掲載されています。
その中で、マイナンバーの個人向けサイト「マイナポータル」の運用が、当初予定の来年1月から7月に延期される旨の報道がありました。また、同時に年金と国税納付の情報を結びつけ、利用者の利便性向上を図る仕組みも11ヶ月遅れ、当初予定の来年1月から来年11月にづれ込むそうです。
ご案内の通り、マイナンバーカードの交付も6月15日現在交付枚数は、申請の51%どまりとなっており、全体的にマイナンバーカードの普及に遅れが出ている状況です。
マイナンバー制度導入のポイントは、行政の効率化だけにこれからの挽回に期待したいものです。

★無料少人数セミナー「本当にやらなければならないマイナンバー対策」7月27日を開催します。中小事業者は、これから準備される方が大半です。是非ご参加下さい。
詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細は、こちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。