マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する文部科学省からのお知らせ

文部科学省から、下記の学生向けのご案内が出ております。
給与所得のある学生は、一定の所得を超えると所得税を支払うことは、ご案内の通りです。
これまでは、あまり問題とならなかったケースでも、来年からはマイナンバーで名寄せされますので、厳格な運用が必要です。

(文部科学省の学生向けの案内)
学生の皆さまへ
・学生の皆さまも平成28年1月からのアルバイト等の採用に当たってマイナンバーの提示を求められることがあります。
・マイナンバーは皆さまを含めて、日本国内に住所を有する全ての方に通知されます。
・マイナンバーの通知カードは、10月5日時点の住民票の住所に送付されるため、学生寮等に現在居住しているものの、引き続き保護者等が居住する住所に住民登録をされている方は、通知カードが保護者等が居住する住所に送付されますので、御注意ください。
・日本学生支援機構の奨学金の貸与については、平成29年4月以降、マイナンバーの提示を求められることとなりますので、必ずマイナンバーの通知カードを保管しておいてください。
・市町村等への申請により、無償で取得できる「個人番号カード」は、マイナンバーの利用に当たって、本人確認の証明書として利用できます。
・マイナンバーは原則として一生涯使うものになります。学生が手続で使う場面は上記での場合に限られますので、取扱いには注意いただき、安易に友達などに教えることがないようにしてください。

※アルバイト等をされている方は、これまでも適切に納税を行われているかと思いますが、引き続き、適切に納税手続きを行うようにお願いいたします。また、学生の皆さまにおかれては、勤労学生控除(※国税庁のホームページにリンク)もありますので、適宜御活用ください。

 ○マイナンバー制度の基礎的な資料(※内閣官房ホームページにリンク)
  ・これだけは知っていていただきたい事:紙芝居(PDF:6.2MB)
  ・折込チラシ(1枚)(PDF:2.21MB)
  ・動画で見るマイナンバー制度(政府広報オンラインへのリンク/14分33秒)
  ・サマリー版(1ページ)(PDF:995KB)

詳細は、こちらをご覧ください。

★当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
「マイナンバー対策無料診断」の詳細はこちらをご覧ください。

★いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。maina