マイナンバー導入秒読み~「漏えい1号だけは避けよ」

本日の日本経済新聞で、「マイナンバー導入秒読み」という記事をニュース解剖というコラムで1紙面を使い報道しています。
コラムでは、「マイナンバー導入後の主な動き」や「制度の狙いと課題」等をわかりやすく解説しています。
その中で、目を引く内容は、「漏えい1号は避けよ」との見出しとその内容です。
具体的には、大手企業の導入例を紹介するとともに、「情報流出は大きなダメージ。個人情報を管理できていない印象を持たれる。絶対に防ぎたい。」産業界ではいまや、「漏えい第1号はだけは絶対避けよ」が合言葉であると紹介されています。

昨日の新着情報でも、お伝えしましたが、帝国データバンクの10月後半の調査によれば、対応を終えた企業は6.4%とほんの一握りの大手企業が対応済というのが現実ではありますが、「マイナンバーの情報漏えい第1号」が報道され、初めて対応を検討するという事だけは避けたいものです。

当事務所では、マイナンバー制度を導入した事業者を対象に、マイナンバー対策が十分か無料診断するサービスを開始致しました。
セミナーに参加したり、書籍を読んで導入してみたものの、自信がない、確認したい事業者にピッタリです。まずは、ご相談ください。
★「マイナンバー対策無料診断」の詳細はこちらをご覧ください。

いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

maina