いまからでも間に合う中小規模事業者に特化したマイナンバー対策の決定版

いまからでも間に合う中小規模事業者に特化したマイナンバー対策の決定版

無料相談会・無料ダウンロード資料・新サービスのご案内

【募集中】「マイナンバー・個人情報保護法対策 無料相談会」のお知らせ
※すべての事業者に適用されるマイナンバー法と個人情報保護法の両方に適切に対応できていますか?
※新設法人はもちろん、マイナンバー対策や個人情報保護法について個別相談したい事業者の方は、まずはご連絡下さい。
詳細は⇒こちら
お申し込み、お問い合わせは⇒こちら
【New!】【無料ダウンロード】「マイナンバー制度・改正個人情報保護法 社内研修資料」
※事業規模別に資料を明示・情報漏洩時の対応に関する資料も掲載!
※動画も掲載されていますので、資料を読む前に見ると理解が早い!

※詳細は⇒こちら
★「マイナンバー制度~税・社会保障等 分野別の情報及び新着情報一覧表」もこちらをご覧ください。
【募集中】「マイナンバーコンサル・コンシェルジュサービス」
※特に業務負担の重い、マイナンバー業務全部お預かりします!

※ただし本サービスは、社会保険労務士事務所KKパートナーズの顧問先に限ります。
※まずはご相談下さい。詳細は⇒こちら

マイナンバーコンサル新着情報

一覧ページを見る

マイナンバーコンサルブログ

一覧ページを見る

 

ごあいさつ

マイナンバーコンサルドットコムは、中小規模事業者(注)をはじめとする全ての事業者の皆様のマイナンバー対策を支援する為に作られた専門サイトです。

(注)中小規模事業者とは、事業者のうち事業年度末の従業員の数が100名以下の事業者であって、次に掲げる事業者を除く事業者をいいます。
  1. 個人番号利用事務実施者
  2. 委託に基づいて個人番号関係事務又は個人番号利用事務を業務として行う事業者
  3. 金融分野の事業者
  4. 個人情報取扱事業者(事業で管理している個人情報データベース等〈顧客、取引先、従業員等〉を構成する個人情報の数が過去6ヶ月において一度でも5,000件を超えている事業者)

★マイナンバーコンサルドットコムは、マイナンバー法及び改正個人情報保護法に関する最新情報を発信しています!
是非ご参考にして頂ければ幸いです!


具体的には、マイナンバー制度については、「マイナンバーコンサルブログ」でご案内すると共に、マイナンバー・改正個人情報保護法に関する最新情報は、「マイナンバーコンサル新着情報」でご案内いたしますので、少しでも皆様のお役に立てれば幸いでございます。

 

「マイナンバーコンサルドットコムのミッション」

  1. マイナンバー対策に時間が割けないお忙しい中小規模事業者をはじめとする全ての事業者の皆様に対して
  2. ランニングコストも含め、最も少ない時間的な負担と業界最低水準のコストで
  3. インターネットとリアルの融合により安心のサービスを提供します。

  4. ★具体的には、「マイナンバーコンサル導入安心パックのひな形一覧表」を使い、各事業者の皆様の規模・社内体制に応じ最も適切なマイナンバーの管理方法をご提案致します。
    1.特定個人情報取扱規程(一般事業者用・中小規模事業者用) 
    2.一般事業者(中小規模事業者用)の特定個人情報等取扱マニュアル
    3.個人番号及び特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針
    4.特定個人情報等に関する安全管理措置チェックリスト兼引き継ぎ書
    5.特定個人情報ファイル管理台帳
    6.特定個人情報取扱状況管理簿
    7.特定個人情報等の取扱いに関する誓約書
    8.退職にあたっての誓約書
    9.入退出管理記録簿
    10.個人番号の利用目的について・個人番号に関する報告書兼管理台帳
    11.個人番号及び確認書類の提供のお願い・個人番号の提供書兼管理台帳①
    12.個人番号及び確認書類の提供のお願い・個人番号の提供書兼管理台帳②
    13.特定個人情報の取扱いに関する覚書
    14.特定個人情報の安全管理措置に関する確認書
    15.特定個人情報等持出管理簿
    16.主なマイナンバー関連帳票一覧表
    17.配当支払個人番号ファイル
    18.不動産の賃貸人個人番号ファイル
    19.報酬支払先個人番号ファイル
    20.役職員・扶養家族個人番号ファイル
    21.本人確認の措置の一覧表

 

「マイナンバーコンサルドットコムの3つの安心のお約束」

  1. 中小規模事業者をはじめとする全ての事業者の皆様が本当にやらなければならないマイナンバー対策に絞ってご案内します。
    ⇒個人情報保護委員会の最新情報を元に、情報漏えいしないマイナンバー対応で本当に必要な対策のみに絞り込みました。
    過度な対応は、コストと時間を要し継続できません。拙速な対応は本業を圧迫します。
  2. ランニングコストを含め業界最低水準のコストをお約束します。
    ⇒システムに投資すれば、管理は楽になるかもしれません。しかし、初期投資に加え、ランニングコストは、事業主にとってボディブローのように効いてきます。
    私共は、コストに敏感な中小規模事業者をはじめとする事業者の皆様の初期投資のみならず、ランニングコストも含め最小にするマイナンバー対応をご案内します。
  3. インターネットによるタイムリーな情報発信と直にお会いしてお話を伺い、本当に必要なサービスを提供させて頂きますので「安心」です。
    またその際、本当に必要なことは、一社一社の実態に即した効率的かつ適切な対応です。マイナンバーコンサルドットコムでは、中小規模事業者をはじめとする全ての事業者の皆様を規模と社内管理体制により、12のカテゴリーに分割して、最も適切な対応をご提案いたします。

 

マイナンバーコンサルドットコムが、大企業ではなく中小規模事業者をはじめとする事業者に特化する理由

  1. 第1に、日頃から多くの中小規模事業者をはじめとする事業者のお手伝いをさせて頂いており、日々のお客様の悩みをお聞きしている中で、今回のマイナンバー対応でも、これまでの経験を生かして皆様のお役に立ちたいと考えているからです。
  2. 第2に、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「マイナンバー法」という)のガイドラインが定める安全管理措置について、中小規模事業者に対する軽減措置が定められています。
     中小規模事業者の皆様の関心は、マイナンバーを適切に管理し、情報漏えい社内体制を構築すると共に、マイナンバー対応の時間的かつコスト的な負担を軽減する2つの一見相反する目標を達成することです。
     その際のポイントは、軽減措置の適用を受けた上で、如何にリスクを最小にするマイナンバー対応を実施するかに尽きます。
     マイナンバー対応の多くの書籍が出版されていますが、「リスクと負担」の両方を最小にする方法について言及する書籍は皆無といっても過言ではありません。
     マイナンバーコンサルドットコムは、「リスクと負担」の両方を最小化する方法をご提案致します。

 さて、平成27年10月より、マイナンバー(個人番号・法人番号)が通知され、平成28年1月よりマイナンバーの利用が開始されました。

マイナンバー対策が、各事業者にとって負担が重いと言われている3つの理由

【理由1】「複雑なガイドラインに適切に対応しなければならない。」

平成28年1月以降、マイナンバーの利用開始に向けて、すべての事業者がマイナンバー法に定める下記3つの特定個人情報に関して保護措置を取らなければならなくなりました。

  1. 特定個人情報の利用制限
  2. 特定個人情報の提供制限等
  3. 特定個人情報の安全管理措置等

 具体的には、「マイナンバー法ガイドライン」、「特定個人情報保護評価書」及び「特定個人情報保護評価指針」、「個人情報保護法ガイドライン」を基準に社内管理体制の構築が必要になります。

 お忙しい事業主の皆様が、上記のガイドライン等を読み込み、社内体制や社員教育をすることは、非常に負担が重いものです。
 また、平成29年5月30日より、改正個人情報保護法が施行され、全ての事業者が個人情報保護法の適用を受けることになりました。改正個人情報保護法の施行に伴い、同時に個人情報保護法の罰則も厳しくなりましたので、マイナンバー法同様に、安全管理措置の社内体制の構築及び役職員教育が必要です。

【理由2】「全ての事業者が対象となると共に、個人情報保護法より罰則が厳しく、かつ両罰規程により法人にも罰則が適用される場合がある。」

(1)マイナンバ―法は、個人情報保護法の特別法として位置づけられているため、一体として理解する必要があります。

(注)個人情報保護法では、過去6ヶ月以内の個人情報の取り扱い件数が、5000件を超えない事業者は適用除外となっていました。なお今回成立しました改正個人情報保護法では、保有する個人情報の数の制限が撤廃され、全ての事業者が個人情報保護法の適用を受けることとなりました。なお、施行日は、平成29年5月30日であり、マイナンバー法に加え、個人情報保護法も全ての事業者に適用されましたので、注意が必要です。

(2)マイナンバー法は、全ての事業者に適用される上、個人情報保護法とは比較にならないほど、罰則が厳しいのが特徴です。
 近年、たびたび大企業の個人情報漏えいのニュースで報道されていますが、マイナンバー法が施行されると全ての事業者がマイナンバーの情報漏えいの各種罰則及び風評リスクの対象となると共に、それ以外にも民事上の損害賠償責任に問われたり、取締役の善管注意義務の問題も生じる可能性があります。

★マイナンバー法・個人情報保護法等の具体的な主な罰則は、下記の表の通りです。

★上記の通り、マイナンバーの管理体制を構築せず、万が一情報漏洩等が故意に行われれば、大変重い罰則が適用されるだけでなく、社会的な信頼を失うことは、避けられません。特に、故意の情報漏洩に対し懲役4年ということは、執行猶予がつかず、いきなり実刑が確定するということです。

★平成29年5月30日に施行された改正個人情報保護法により、個人情報データベースの故意の漏洩も1年以下の懲役・50万円以下の罰金(両罰規程あり)と罰則が強化されました。本件の罰則強化は、通信教育大手企業の情報漏洩が経緯となっております。

【理由3】「マイナンバー漏洩による事業者のリスクが大変大きい」

    1.漏えいした役職員(本人)と同時に法人も、両罰規定で罰金刑に処せられる(行政罰)
     同時に個人情報保護委員会の助言・指導/是正勧告/是正命令/報告・立ち入り検査の可能性があり
    2.本人:不法行為責任(民法415条又は民法709条 民事罰)
    3.法人:使用者責任(民法415条又は民法715条 民事罰)
    4.役員個人:法令違反、善管注意義務違反による責任(会社法423、429条 民事罰)
    5.法人:風評リスクによる売上減少⇒業績悪化⇒優秀な役職員の退職
    以上のようなリスクが想定され、最悪「マイナンバー倒産」も視野に入ってくる恐ろしさがあります。
    ★マイナンバー情報漏洩事故の実態については、こちらの個人情報保護委員会の資料をご覧ください。

「マイナンバーコンサルドットコムが提供する3つの安心のサービス」

 マイナンバーコンサルドットコムでは、お忙しい中小規模事業者をはじめてする全ての事業者の皆様が最少の時間とコストでマナンバー対策ができるように、具体的には、次の3つの安心のサービスをご用意致しました。
★マイナンバー対策のポイントは、情報漏洩があることを前提に安全管理措置及び社内体制を構築することです。
★マイナンバー対策の5つのポイントは、こちらをご覧ください。

サービス一覧

「マイナンバーコンサル導入安心パック」

マイナンバー対策の中心は、マイナンバーを適切に管理し、情報漏えいしない体制を構築することです。その体制構築のために、中小規模事業者をはじめとするすべての事業者の皆様に体制整備のマニュアルをご提供すると共に、マイナンバーの事務担当者向けの研修を実施します。マニュアルに従って、自社で最少の時間とコストで自社の体制整備ができます。

詳しくはこちら

      

「マイナンバーコンサルお任せ安心パック」

マイナンバー対策をしなければならないが、人手が足りない、お忙しい中小規模事業者をはじめとする全ての事業者の皆様のためにフルバージョンのコンサルをご用意致しました。オーダーメイドで社内体制の構築・社内研修会を含めすべてお手伝い致します。

詳しくはこちら

      

「マイナンバーコンサル安心研修サービス」

マイナンバー対策の最も重要なポイントは、従業員向けの研修です。 安心研修サービスには、「マイナンバーの事務担当者向けの導入研修」のほか、「一般従業員向けの基本研修」、「新入社員又は既存社員向け継続研修」の3つのパターンの研修をご用意しております。研修のプロが分かりやすく説明致します。

詳しくはこちら

      

お問い合わせはこちらから



JR中央線西国分寺駅徒歩1分、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所 社会保険労務士事務所KKパートナーズ